祥水園ブログ

紙芝居ですよ~!!~慈泉庵~

3月26日、軽費のご利用者による、紙芝居が慈泉庵でありました。

タイトルは「稲むらの火」です。

        

内容を少し紹介しますね。

江戸時代の末、地震による大津波が、紀州和歌山の広村を襲いました。

濱口儀兵衛は、稲むらに火をつけて村人を高台に導き、多くの命を救います。

その後私財を費やし、村人と協力して防波堤を作りました。

         

そんな感動的なお話を紙芝居にし、登場人物を分けて、分かりやすく話して下さいました。

       

慈泉庵の利用者も真剣に聞き入っていました。

「感動的しました」「良かったです」との感想\(^o^)/

軽費のご利用者様、職員の皆様、本当にありがとうございました(#^.^#)

 

 

 

 

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ